どうも管理人の三浦直人です。このページを見てるあなたは、恋愛学にかなり興味津々の方だと思います。このページでは、今まで僕が読んだ本の中で、特に参考になったものを紹介します。だいたい、Amazonとかで買えると思います。以下、書籍名五十音順です。

■愛の解剖学
カール・グラマー

■浮気で産みたい女たち-浮気人類進化論
竹内久美子

■男はなぜ急に女にフラれるのか?
姫野友美

■女が男を厳しく選ぶ理由
アラン・S・ミラー/サトシ・カナザワ

■女と男のだましあい-ヒトの性行動の進化
デヴィット・M・バス

■彼と彼女の科学的恋愛診断
藤田徳人

■血液型の世界地図
能見俊賢

■ゲノムからみた生物の多様性と進化
五条堀孝

■恋人選びの心-性淘汰と人間性の進化
ジェフリー・F・ミラー

■心と言葉の起源を探る-シリーズ認知と文化
マイケル・トマセロ

■雑誌 ナショナルジオグラフィック 各誌

■雑誌 日経サイエンス 各誌

■雑誌 Newton 各誌

■種の起原〈上・下〉
チャールズ・ダーウィン

■進化心理学入門
ジョン・H・カーライト

■進化と人間行動
長谷川寿一/長谷川眞理子

■進化発達心理学-ヒトの本性の起源
D・F・ビョークランド/A・D・ペレグリーニ

■人類進化の700万年-書き換えられるヒトの起源
三井誠

■精子戦争-性行動の謎を解く
ロビン・ベイカー

■生物進化とハンディキャップ原理-性選択と利地行動の謎を解く
アモツ・ザハヴィ/アヴィシャグ・ザハヴィ

■生物の社会進化
ロバート・トリヴァース

■生命 最初の30億年-地球に刻まれた進化の足跡
アンドルー・H・ノール

■喪失と獲得-進化心理学から見た心と体
ニコラス・ハンフリー

■ダーウィンのジレンマを解く-新規性の進化発生理論
マーク・W・カーシュナー/ジョン・C・ゲルハルト

■大脳皮質と心-認知神経心理学入門
ジョン・スターリング

■対称性人類学
中沢新一

■テストステロン-愛と暴力のホルモン
ジェイムズ・M・ダブス/メアリー・G・ダブス

■なぜ、その人に惹かれてしまうのか?
森川友義

■人間はどこまでチンパンジーか?-人類進化の栄光と翳り
ジャレド・ダイアモンド

■脳内物質のシステム神経生理学-精神精気のニューロサイエンス
有田秀穂

■裸のサル-動物学的人間像
デズモンド・モリス

■PMS (月経前症候群) を知っていますか?気のせいではなかった病気の対処法
リネヤ・ハーン

■ヒトの変異-人体の遺伝的多様性について
アルマン・マリー・ルロワ

■ヒトは今も進化している 最新生物学でたどる人間の一生
ローワン・フーパー

■人はなぜ恋に落ちるのか?-恋と愛情と性欲の脳科学
ヘレン・フィッシャー

■人はなぜエセ科学に騙されるのか〈上・下〉
カール・セーガン

■本能はどこまで本能か-ヒトと動物の行動の起源
マーク・S・ブランバーグ

■ミラーニューロンの発見-物まね細胞が明かす驚きの脳科学
マルコ・イアコボーニ

■利己的な遺伝子-科学選書
リチャード・ドーキンス

■笑いの免疫学-笑いの治療革命最前線
船瀬俊介